911に、電話かけたらこんな感じでした

↓ハワイの↓オカンオトン↓初心者の皆さんには↓こちらもクリックしてみてくださいね↓

ハワイの子連れ遊び場

ハワイのオカンを初めてご覧の皆さんへ、毎週毎月開催定期イベント、ローカル民の遊び場などなどまとめてみました!


ハワイで子育てするオカンのみなさ〜ん。

911に電話、かけたことありますか?

税金払ってサービス受けるので、かける必要があるときはためらわずかけるようにしてます。

いままでかけたことは….

『ひったくりを目撃』

『隣のゲイカップルが、暴力流血痴話げんか』

『誰かがトイレでドラッグ』

『リーシュなしの大型迷子犬』

『ホームレスがジャングルジムでテントはってアルコールを持って睡眠」

『夜10時を過ぎてパーティーしてた近所の家に苦情』

『レジデントマネージャーが、ペン型スパイカメラで住人を隠し撮り』

『駐車場で停止中に、後方不注意の車にサイドからぶつかられ』

などなど、しょーもないことから流血事件、までいろいろです。

いっぺんかけると、なんだかかけやすくなったかもしれません。

というわけで、かけたこと無い方のために、いつも質問されることや基本の会話をご紹介。

IMG_7564.jpg

911をダイヤルする

交換手「 Police or Ambulance?」(警察が必要ですか?救急車が必要ですか?=事件ですか?救急ですか?)※1

オカン「 Police Please」(事件なので警察をお願いします)※2

交換手「Is this emergency?」(緊急ですか?)

オカン「Yes, This is Emergency / No this is not」(はい、緊急です/いいえ、緊急ではありません)※3

交換手「What Happened ?」(どうしましたか?)※4

オカン「何がおこったかを説明」 ※5

交換手「 OK, Hold on」(わかりました、ちょっと待っててください)

交換手が、警察に電話をつないでくれます

警察「This is Police. Is this emergency?」(警察です、緊急ですか?)

オカン「Yes, This is Emergency / No this is not」(はい、緊急です/いいえ、緊急ではありません)

警察「What happened?」(どうしましたか?)

オカン「もう一回、何がおこったか説明」※6

警察「Where Are You?」(今どこにいますか/ウチはどこですか/事件が起こってるのはどこですか?)

オカン「住所を説明」※7

警察「What is your name?」(あなたの名前は?)※8

オカン「自分の名前を言う」※9

警察「OK, We will send you Officers」(分かりました、今警察が向かいます)

オカン「Please. Thank you」(おねがいします、ありがとうございます)

電話を切る、で、終了です。※10

なのですが、私の経験から、ちょこっと細かいところを補足(上の会話の※印を参考にしてください)

※1)いつかけても、この2択です。火事は少ないからなのか?消防車が必要な方も、遠慮せずに「I need Firetruck!!!」とか言ってみてくださいね。

※2)事故などの時も警察をお願いしました、あとで警察につないでもらった時にけが人がいることを伝えたたら警察の方が救急車を手配してくれました。

※3)ホノルル警察では、緊急の場合もそうでない場合も911にかけていいそうです(ウチか緊急でないことでかけた時はホームレスがジャングルジムの下でテントを張ってお酒を持って寝てたとき)

※4)ここで交換手に説明することは、このあとにつないでもらえる警察には伝えられてはいないようです。

※5)なので、あくまでも簡潔に(911にかけてきた理由が妥当かどうかの判断をしてるのでしょうか?)

※6)この人が、ホノルル警察の人です、ここでは詳細をしっかり伝えてください。

※7)自分の住所、パニックになって言えないときあります(前のとき8年も住んでたのにいざという時言えなかったことあります)なので、紙に書いて電話(携帯が置いてあるところ)の近くに張っておいてもいいかも。

※8)隣の家で激しい喧嘩をしてる、とかよっぱらいが道で寝てる、とか、自分に直接関係ないことであえて名前を言いたくない時は言う義務はありません「i want to be anonymous」(匿名でお願いします)と言ってください。

※9)名前を間違えても警察はきてくれますが、住所は間違えるときてくれません、綴りをアルファベットやNATOフォネティックコード(リンク)などを使ってなるべく正確に伝えてくださいね

※10)携帯電話など電波が悪く切れてしまった場合、すぐにむこうからかけ直してくれる時が多いです。(でも、かかってこなかったらもう一回911にかけて交換手のひととはなすところからやりなおしてくださいね)

ハワイで911に電話をかけると、日本語の通訳の方を願いできるというウワサも聞いたことあるのですが、ためしたことないのでわかりません。

何を言われて何を聞かれるか分かっていれば、英語があんまり得意じゃない方でも心の準備ができるのではないでしょうか。

特にハワイはいろんな英語のアクセントの人種がいるし、電話ってただでさえわかりにくいので。

というわけで、この1年間で10回以上はかけたかな〜ウチ。

イチバンビビったのは、朝の6時に隣に住んでたゲイカップルが取っ組み合いの痴話げんかをして、1人がもう1人を刺してしまった時でしょうか?

みなさんに、そんな事件が起こらないことを祈りつつも、なんかあったらこの記事思い出してくださいね〜!!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク