オカンオトンも注意!!!史上最悪のIRSなりすまし詐欺被害1500万ドル


3/17追記)すいません、15万とか、1500万とか15億とかいろんな数字を書いてしまってました、正確には15ミリオン=1500万ドル=1ドル120円やったら18億円ってとこですね(って、これもまちがってたりして)メールでご指摘いただきましてありがとうございます。

CNNとか、その他大きなニュース番組でもこの週末にトップで扱っていたのでご覧になられたオカンオトンの皆さんも多いかも。

スポンサーリンク

2013年から被害の報告が始まっているIRS(IRSとはInternal Revenue Service=アメリカ合衆国内国歳入庁=日本で言う国税局)を語った詐欺の被害額が、合計でアメリカ史上最悪の1500万ドルにのぼるそうです。

CNN news IRS scam costing victims $15 million(リンク)

IRSなりすまし詐欺の被害

2013年に手口が明らかになってから現在までにこの電話がかかってきたとThe Treasury Inspector General for Tax Administration (TIGTA) =財務省税務管理監査官に報告があったのが、336000件以上。

実際に被害にあったという報告が3000以上。

被害の合計額が1500万ドルにのぼっています。

報告がない分も合わせると、もっと被害が増えるのではと言われています。

IRSなりすまし詐欺の手口

  • かかってくる電話番号はアメリカ本土ワシントンのIRSのオフィスのような番号(実際はアメリカ国外ではないかと言われています)
  • 詐欺師はは嘘の名前と、時には本物であるかのようなIRSのバッジ番号も伝えてくる
  • 場合によっては、詐欺師ははIRSの犯罪を担当する(the IRS Criminal Investigation)係りのモノだと伝えてきて、「警察に逮捕される/police arrest」「国外追放/deportation」「 運転免許の取り消し/evocation of your driver’s license」「家が差し押さえられる/Lose your home」など、直ちに支払いが行われない場合は重大な罰が与えられると伝えてきます。(指示に従わなければ30分以内に警察があなたのところへ行って逮捕する、などなど)
  • 相手はあなたのソーシャルセキュリティー番号の最後の4桁(または全て)を知っている
  • 電話に出られない場合には、留守番電話に上記の内容と直ちに掛け直してこなければ逮捕されるなどのメッセージが残される
  • 詐欺師はあなたが税金を払っていない、または払いそびれていると言う
  • 電話の相手は銀行でプリペイドのデビッドカードを作って支払いするように要求してくることが多い(ではない場合もあります)
  • 詐欺師は、幾つかの銀行を回らせて500ドルなど少額のプリペイドのデビッドカードを作成するように指示します、この間数時間電話を切ることは許されず、会話はつながったまま
  • 詐欺師は、あなたがどこに口座を持っているのか、銀行口座の残高の詳細や、今回の税金支払額など、細かい個人情報を伝えてきて、さも、本物のIRSであるかのように信じされれられてる
  • 一人当たりの被害の最高額は$500,000、一人当たりの平均被害額は$5,000ほど

どやってIRSの詐欺ではないことを見抜くのか

もしもあなたに税金の支払い忘れや不足があった場合、本物のIRSは通常の手紙や、日本で言う書留郵便/certified letterで連絡をしてきます。

  • 電話でその場で支払いの手続きを進めるように要求してくる
  • どうして(どの)税金が不足しているのか、支払い忘れているのかなどの理由の質問が許されず、再審査することも許可されない
  • 相手が指定する支払い方法しか許可されない、プリペイドデビッドカードなど
  • クレジットカードやデビットカードの番号を電話で聞く
  • 支払いを直ちに済ませなければ、警察やそのほかの法律執行関係者があなたを逮捕すると言う
  • 電話以外にも、メール、テキストメッセージ、ソーシャルメディアであなたに連絡を取ってくる

などのサインがあれば、それはIRSをかたったなりすまし詐欺です。

IRS詐欺からオカンオトンの皆さんを守る方法

このような電話がかかってきた場合は、相手に断りを入れる事もせず、直ちに会話を終了し以下のような行動を起こしてください。

  • もしも自分が税金を支払い忘れている、支払いそびれていると思う場合、速やかに自分の税金の担当者またはIRS(800-829-1040)に電話をする
  • もし、自分が税金をきちんと支払っていると思う場合、The Treasury Inspector General for Tax Administration (TIGTA)に電話(800-366-4484)またはオンライン上での報告(www.tigta.gov.リンク)をし、詐欺の電話がかかってきたとの報告をする
  • the Federal Trade Commission(とは、連邦取引委員会=日本で言う公正取引委員会みたいな感じですね)の(FTC Complaint Assistant.リンク)に詐欺の報告をする

というわけで、日本の「オレオレ詐欺」も怖いけど、アメリカの「俺アイアールエス」詐欺も怖いです。

みなさんお気をつけを〜!!!

てかタックス終わってないオカンオトンのみなさん、がんばって〜!!!


スポンサーリンク