ハワイ(アメリカ全土にあります)の低所得家庭向け格安&無料のプリスクール、ヘッドスタート申し込んでみました!


こんにちは、元気一杯満杯の、在宅未就学児を抱えるハワイのオカンです。

まあ、4歳で家にいるって、一緒に過ごせる時間をありがた〜く楽しみたいのは山々なのですが、本音を言うとちょっとでもええから学校行って欲しい!

でもね、プリスクール、高いんです、ハワイだけなのか、アメリカ全土一緒なのか、毎月の住宅ローンの次に高いと言われています。

スポンサーリンク

そんなこんなのプリスクール行ってないうちの4歳児のために、ハワイで&アメリカ全土で無料(かちょっと平均より安く)で低所得のご家庭向きに提供されているプリスクールのプログラム、ヘッドスタート/Head Startに申し込んでみました。

ヘッドスタート-ハワイ

ハワイ=アメリカの無料のプリスクール、ヘッドスタートって、なんなんや?

ヘッドスタート(日本語ウィキペディア)Head Start(Wikipedia)

アメリカ合衆国保健福祉相が主催する、早期教育を受ける機会が少ない低所得の家庭の子供やや障害を持つ子供たちの、スムーズな就学(ハワイの場合は5歳からのキンダーガーデンの始まりに向けて)ができるようにプリスクールプラグラムを提供するサービスです。

というとで、3歳から5歳のキンダーに就学前の子供たちってことですね。

2011年の8月から、2013年の7月生まれってことかな(算数あってますかな?)

ちなみにそれ以下の幼児乳児向けのプログラムで、Early head startといいうのもあります。

詳細はまた次回

ハワイ州内の無料プリスクールヘッドスタート

Honolulu Community Action Program Head Start(リンク)

こちらはオアフ島のヘッドスタートの地図

黄色いピンがオフィス

赤いピンが半日プリスクール

青いピンが全日プリスクールです

ヘッドスタートのクラスが開催されているのは、基本的に公立の小学校の敷地内です。

費用は低所得の家庭では基本的に無料、スナックやランチも含まれています(やったと思うのですが、また確認しときます!)

ハワイ以外のアメリカのほかの州の無料プリスクールヘッドスタート

Head Start 「お住いの州の名前または都市名」で検索するとすぐに見つかるはずです

ハワイの無料プリスクールヘッドスタートこれね、実はうちも長男が3歳になった時に申し込みました

こんときは、見事に受け入れてもらえませんでした!!!

ちなみに、うちの長男のお友達でジェファーソンエレメンタリースクールのフルタイムのヘッドスタートに受け入れてもらった子は、お母さんが身体障害者、お父さんはアメリカ市民ではなく収入あるけど低所得者で、お母さんの実家で同居しているファミリーでした。

「KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住の」KIKIちゃんも無料のヘッドスタート通ってました

旧ブログハワイのオカン「ハワイの無料(&またはちょこっとの自費で、安い)プリスクール」でこの記事と同じようにヘッドスタートのご紹介をした時に、メールのやり取りをチョコっとだけさせていただきました。

ハワイでのヘッドスタートの記事をアップされてるので、参考になさってみてください。

KIKIとウィンドサーフィンとハワイ移住のブログ(リンク)

ハワイのヘッドスタート・・って?

ハワイの私立のプリスクールから、公立のスペシャルエデュケーション(身体障害児向けプリスクールクラス)への入学過程を記事にされています

どうしよう・・

公立のスペシャルエデュケーションから、より健常児の多いヘッドスタートクラスへの変更を記事にされています。

祝・プリスクール卒園

ヘッドスタート卒業されて、キンダーへ入学されました。

 キキちゃんの場合は、ダウン症ということで、最初は心身に障害のある子どもたちをサポートする公立エレメンタリースクール内のスペシャルニード(日本語で言うところの養護学級みたいなもんでしょうか)のプリスクールに無料で通っておられたのですが、キキちゃんの心身の発達がスペシャルニードのクラスの中でもより優れているということで、ヘッドスタートへ変更されたようですね。

ハワイのオカンの家庭はどうなのよ?!

ヘッドスタートの低所得家庭って、いったいいくらくらいなのか?

ちょっとググてみたので、ソースは確かではないのですが。

Benefits.gov – Hawaii Head Start income limit(リンク)

 
家族数 課税前の年収
1 $13,550
2 $18,330
3 $23,110
4 $27,890
5 $32,670
6 $37,450
7 $42,230
8 $47,010

これによると、4人家族の我が家は、$27.890以上の収入が課税前にあると、低所得とはみなされないってことですね。

低所得でない家庭のお子さんでも、それぞれの学校に、もしも空きがあれば入学できるのですが、その場合は有料3年前に聞いた時はフルタイムで450ドルやったので、通常のプリスクールと比べたらずーっとやすいですよね。

というわけで、低所得の皆さんはもちろん申込めるし、そうでないみなさんも受け入れてもらえるかどうかわからんけど、一応申し込みはできます

ハワイ(アメリカの)無料プリスクールヘッドスタート、申し込み方法

Head Start Application(リンク)

  1. オンラインで申し込む(上のリンクのページから直接申し込めます)
  2. 申し込み用紙をダウンロードして、封書で申し込む(Wordのドキュメントリンク)
  3. 電話で申し込みに用紙を請求する 847-2400(名前を電話番号住所をメッセージに残してください)

 オンラインで申し込むのが一番簡単そうですが、電話で直接いろんな質問できるのもいいですよね。

同じく3年前にうちの長男がよく遊んでたお友達、シングルマザーで、月収が2000ドルちょっとやったのですが、行きたいエリアにもっと低所得のお子さんがたくさんいて申し込みをされているということで、1回目の電話で断られてしまったそうです。

2人家族で年収$24,000、低所得とはみなされないってことなんですかね?

ハワイ(アメリカ)の無料プリスクール、ヘッドスタート申し込みます

項目がたくさんあるので、重要なとこだけ訳しますね

Applying Child’s Name:*=申し込みをする子供の名前(ファースト、ミドル、ラスト)

Child’s Date Of Birth:*=誕生日

Child’s Gender:*=性別

Is the Applying Child a Foster Child?*=養子ですか?

Child’s Primary Language:*=子供の第一言語

Child’s Secondary Language:=第二言語(あれば)

Ethnicity: Is the Applying Child Hispanic or Latino Origin?*=子供はヒスパニックからティーのですか?

Child’s Race:*=人種

Child’s Health Insurance:*=保険

Living Address:*=住所

Is your Mailing Address the same as living Address?*=連絡先は現在住んでいる住所と同じですか?

Are you Currently Homeless? (Car, Shelter, Motel/Hotel)=ホームレスですか?

Phone Number 1:*=電話番号

Phone Number 2:=電話番号(2つ目があれば)

Email=メールアドレス(あれば)

Primary Adult Name:*=保護者の名前(親でも祖父母でも養父母でも、主に子供の保護をするの大人の名前)

Primary Adult Date of Birth:*=保護者の誕生日

Primary Adult Gender:*=保護者の性別

Primary Adult Military Status:*=ミリタリーですか?(そうでなければN/A)

Primary Adult Ethnicity: Are you Hispanic or Latino Origin?*=保護者はヒスパニックまたはラティーノですか?

Primary Adult Race:*=保護者の人種

Primary Adult highest grade completed in school:*=保護者の最終学歴

Primary Adult Employment Status: (Check all that apply)*=保護者の現在の職業(当てはまるもの全てにチェック)

Primary Adult Relationship to Child:*=子供との関係

Primary Adult Does the Child Live with you?*=保護者は子供と一緒に住んでいますか?

Primary Adult Do you have the same home and mailing address as the child?*=保護者は子供と同じ連絡先ですか?

Secondary Adult=2人目の保護者、以下、1人目の保護者と同様に記入してください。

Parental Status:*=親のステイタス(両親、片親であれば父か母か、養子、祖父母など)

Housing:*=住まい(所有している、賃貸、低所得住宅などなど)

Does your child recieve special education services through DOE?*=ハワイの教育委員会のスペシャルエデュケーションのサービスを受けていますか?

Other Child 1 Name:=最初に記入した子供以外の子供も、申し込む場合

以下、1〜5まで、あれば記入

Please check all services your family currently receives:*=生活保護や食費の援助を受けていますか?(受けているものに全てチェック)

Number of adults in your family:*=家族の中の大人の人数

Number of children in your family:*=家族の中の子供の人数

Estimated Annual Income:*=年収(だいたい)

How did you hear about us?*=へッドスタートのことをどこで聞きましたか?

Nondiscrimination Statement*=(以下、意訳です、ご自身で確認ください)

ここで記入した情報については、秘密が保持されることを理解しています。ここで記入した情報は、政府のプログラムとして提供されているヘッドスタートのためであり、故意に間違った情報を記入したり事実でない情報を記入した場合は、児童がヘッドスタートから退学させられ、また、法的に罰されることもあることを理解します。

Yes, I agree to Terms and Conditionsにチェック(しないと、申し込みできません!)

Submitをクリック

でもって、やっぱり後日電話がかかってくるそうです。

ハワイ(アメリカ)の無料プリスクール、ヘッドスタート申し込みの際に必要な書類は?

後日の電話の中で、インタビューとして色々聞かれるかと思いますが必要な書類は以下

過去12ヶ月の給料明細(W2フォームなどでも)

そのほかに収入があれば、チャイルドサポートやアリモニーなど

子供の生年月日がわかるもの( birth certificateですね)

保護者が学生の場合、その証明

以下の手当てなどを受けている場合も、その証明、受けていないけれども申込る場合は、へdそうタートを申し込む前に先にこちらの申請をお勧めします

この時に、希望の通学先なんかも聞いてもらえるのかな?

ハワイの他の島のオカンオトンの皆さん

マウイ、モロカイ、ラナイ島はMaui Economic Opportunity Inc., and Maui Family Support Services

カウアイ島は Child & Family Service

ハワイ島は (PACT), and Family Support Services of West Hawaiiへどうぞ

というわけでっ申し込んだ、電話きた、さらに必要事項を確認して、次に入学できるのが、この夏8月からってことですね。

まあ、のんびり島国ハワイ、間違えられたり、遅れたりもよくあるので、電話がなかったら、やっぱり自分で電話してみてくださいね。

そんなわけで、入れない予感たっぷりなのですが、一応申し込んでみたうちの次男。

ハワイのオカンオトンのみなさんも、よかったら申し込んでみてくださいね〜!!!


スポンサーリンク