ハワイの無料(&またはちょこっとの自費で、安い)プリスクールヘッドスタート/Head Start

↓ハワイの↓オカンオトン↓初心者の皆さんには↓こちらもクリックしてみてくださいね↓

ハワイの子連れ遊び場

ハワイのオカンを初めてご覧の皆さんへ、毎週毎月開催定期イベント、ローカル民の遊び場などなどまとめてみました!


1/16追記)

Head startのオフィスに問い合わせしたところ、障害があったり発達に遅れのある子供さんなどは、すべての公立の小学校に設置されているスペシャルニードの子供達向けのプリスクールに入れるそうです。

ご自身のお住まいの地域の小学校に行ってEvaluation のリクエストをしてくださいとのことです。

それと同時に、HeadStartの申し込みもしてくださいとおっしゃってました。

ちょっとまだ詳しくは分からないのですが、取り急ぎ追記しておきます。

IMG_1411_20140113175028f47.jpg

HCAP (the Honolulu Community Action Program) Hawaii’s free or affordable preschool care!(リンク)

ということで、先日ちょこっとだけご紹介した、ハワイの無料のプリスクール、です。

わたしがこれを初めて聞いたのはうちの子が2才半頃だった2011年だとおもいます

(ちなみにこの記事の写真のパンフレットは、当時の物….)

そのお友達は、お母さんがちょっと障害があって、お父さんもお仕事はされているけど収入は少なくて….

ということで、申し込みをしたところ3才になってからフルタイムのプリスクールに無料で通えることになりました。

ワイキキエリアにお住まいの方は見たことあるかもしれませんが、ジェファーソン小学校のクヒオ通りに面している幼児向けの遊具のある教室、あそこで行われているプログラムに参加していました。

小学校は違うエリアだったのですが、イチバン近いこのプログラムを開催している場所、ということでジェファーソンに行っていたそうです。

優先的に入れるのは、低所得の家庭や発達に遅れのある子供(英語が第一言語でない子供も優先されると聞いたことあります=両親が日本人のお子さんとか)

お友達のお母さんによると、収入に関係なく空きがあれば有料クラスということで、通常のプリスクールよりも費用がからず、子供をプリスクールに入れることができる、ということ。

というわけで、低所得でもないし発達に遅れのある子供でもなくても、あきがあれば入れます。

この場合は自費で、でも、通常のプリスクールより、ずっとずっと安いみたいですけどね。

なのですが、webページを見てもわたしもあんまり詳しく分からないので、分かる部分だけ記事にしていきます。

このプログラムは通称「ヘッドスタート」

国からの援助で運営されているプリスクールで、所得の低いファミリーの子供や、発達に遅れのある子供などを優先的に受け入れています。

毎年の受入数は1600人程。

対象は3才から5才。

正確に言うと、今年2014年の夏からの新学期に参加できるのは、2009年の8月1日から、2011年の7月31日に生まれた子供です。

ということは、2011年9月生まれのうちの次男は来年にならないと、申し込みできませんね。

Programs that fits your child’s and family’s needs(リンク)

主なプログラムは、公立の小学校の敷地内でのクラスルームでの、半日/Half dayと7〜17時Full dayの2種類。

Part Day/Part Year or Full Day/Full Year Center-Based Programとよばれています。

そのほかにも、Home Based Program(ホームスクール?ですかね)、Inclusion Program(これはちょっとわかりません)、などなど。

クラスがある場所はこちら/Locations of HCAP Head Start classrooms(リンク)

上のリンク先の地図上で….

小さい黄緑=メインのオフィスです

小さい黄色=半日クラス開催のクラスルーム

大きい赤=7−17時開催のクラスルーム

大きいオレンジ=半日&全日両方開催のクラスルーム

それそれのいろのついたピンや、地図の右にある名前をクリックすると、地図上の学校名や詳細が見れます。

IMG_1415_201401131750299f7.jpg

申し込みの方法は3種類/Apply your child for HCAP Head Start today!(リンク)

1)オンラインで申し込み(リンク)

2)申し込み用紙をダウンロード(リンク)して、記入後に明記されている住所へ送る。

3)808-847-2400へ電話をし、自分の名前、住所、電話番号を留守電に入れると、封書で申し込み用紙が送られてきます&明記の住所へ送る。

分からないことがあれば、上のリンクの地図で最寄りの学校やオフィスに直接行ってもいいみたいです。

しかし、この申し込み用紙、書くトコいっぱいあります!!!

こちらはよくある質問/Have a question? Look for it here or call 847-240(リンク)

Q)トイレトレーニングは終了している必要がありますか?

→A)その必要はありません

Q)収入の上限はいくらですか?どうやったら無料の学費が適用されますか?

→A)まずは、申し込み用紙を記入して、申し込みをしてみてください、または847-2400に電話をして担当者に問い合わせてください。

Q)スペシャルニード(発達の遅れ身体障害などですね)の子供は申し込みできますか?

→A)はい、優先的に受け入れされます。

Q)書類で申し込みをしました、次は?

→A)1住んでいる地域の担当社から連絡があります。2ミーティングで収入や誕生日などを公的な書類で確認をします。3家族の人数や、人種の確認をします。申し込みが終了します。

Q)学期が始まって終わるのはいつですか?

→A)通常の公立小学校と同じです

Q)受け入れが決まったあとは、どうしたらいいですか?

→A)入学準備の書類が届きます、提出する書類の他に身体検査、予防注射の記録、歯医者の記録、なども必要です。

オフィスの場所&連絡先は

Honolulu Community Action Program
33 South King Street, Suite 300
Honolulu, HI 96813

電話808−521−4531 fax521-4538

KMR Main Office
5 Sand Island Access Road, Bldg. 921
Honolulu, HI 96819

電話番号847-2400  fax847-2302

です。

などなど。

もういっぺんにいいますが、私もイマイチよく分かりません。

(なので、もしこのプログラムに参加しているハワイのオカンのみなさん、間違いや追加の情報など教えていただけるようでいらしたら、コメントやメールフォームなどで、お教えいただけないでしょうか?)

お友達のお母さんによると、収入とか考えずに、とりあえず申し込みしてみなよ〜!!!ってことです。

申し込みは無料ですし、もし他のプリに行きたくなっても、自分が受け入れされたあとだったら、その次にウェイティングされている子が行くことになるだけやし、むつかしくかんがえなくてもいいやん〜!!!ってって、言ってました。

分からないことがあれば、直接クラスルームのある学校のオフィスに出向いて「I would like to know about the Head Start」って聞いてみてくださいね〜(って、それは私が電話の会話が苦手だから….)

ではでは、うちも、来年考えてみます。

というわけで、2009年の8月1日から、2011年の7月31日に生まれたお子さんをおもちのハワイのオカンのみなさん、とりあえず申し込みしてみてくださ〜い!!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク