発達に遅れ(かも)なので電話してみました&ネイティブとの電話の英語発音が苦手なみなさ〜ん、これ必須!!!

↓ハワイの↓オカンオトン↓初心者の皆さんには↓こちらもクリックしてみてくださいね↓

ハワイの子連れ遊び場

ハワイのオカンを初めてご覧の皆さんへ、毎週毎月開催定期イベント、ローカル民の遊び場などなどまとめてみました!


IMG_5641.jpg

さてさて、先日の記事「セーフウェイとか病院とか、ウチは習い事でもらってきます、これ新刊出てます」(リンク)でちょっとだけ触れたHI-KISS

IMG_5646.jpg

Hawaii Department of Healthの主催するプログラム Hawaii Keiki Information Service System(リンク)

 
スポンサーリンク

(Department of Healthは、日本語で保険医療省とか、厚生省とか、保険局ってな感じで翻訳されてるみたいですね)

0才から5才までの子供の精神的、肉体的な発達に遅れやがある、またはそうではないかと思う家族のために、適切なハワイの各地域の機関を紹介してくれるサポートです。

ハワイペアレンツにも載ってますが、電話番号は

880-594-0066(月曜日から金曜日の8時から16時)

他島は 1-800-235-5477

電話をかけた際に質問されたのは

両親の名前

子供の名前

子供の誕生日

電話番号

電話番号もういっこ(あれば)

電話かけていい時間帯

今現在の住所

かかりつけの病院の名前

かかりつけの病院の電話番号

かかりつけの小児科の名前

どれくらいまえから遅れや障害に気がついたか&その他詳細

係の方にいろいろ質問されて、あらためて、私たちの住む地域のプログラム担当機関からおりかえし電話がかってくるそうです。

IMG_5647.jpg

って、ハワイペアレンツにも載ってたこのリストかな?

とりあえず、電話待ち、ですね。

で、キット、日本で生まれてハワイ&アメリカにやってきたオカンのみなさん、一度だけじゃなくてナンドも通る道やとおもうのですが、

英語の発音が電話で理解してもらえない!!!

今回わたくしハワイのオカンが苦労したのは、

自分の名前ー7文字&名字が9文字

住所ーハワイ語で8文字のストリート名

かかりつけの先生の名前ー日系5文字

そんなときはコレ、NATOフォネティックコード/NATO phonetic alphabet(ウキペディアリンク)

A = Alfa AL FAH (車のアルファロメオ)

B = Bravo BRAH VOH (ブラボー!!!)

C= Charlie CHAR LEE  (チャーリー/男性名)

D = Delta DELL TAH (飛行機のデルタ)

E = Echo ECK OH  (エコー、超音波のアレ)

F = Foxtrot FOKS TROT (ダンスの種類だそうですが、キツネ/Foxだけでも)

G = Golf GOLF (ゴルフ、ですね)

H = Hotel HO TELL (ホテル)

I = India IN DEE AH (インディア)

J = Juliett JEW LEE ETT (ロミオとジュリエット)

K = Kilo KEY LOH   (キロ、キログラム、キロメーター)

L = Lima LEE MAH  (リマ=ペルーの首都)

M = Mike MIKE (マイク/男性名)

N = November NO VEM BER (11月)

O = Oscar OSS CAH   (あの、アカデミー賞の)

P = Papa PAH PAH  (お金持ちの?パパ)

Q = Quebec KEH BECK (ケベック=カナダの都市)

R = Romeo ROW ME OH (ロミオとジュリエット)

S = Sierra SEE AIR RAH  (シエラ=山脈、とかの意味ですね、ビールの方が有名か)

T = Tango TANG GO  (タンゴ、これもダンス)

U= Uniform YOU NEE FORM (ユニフォーム/制服)

V = Victor VIK TAH (ビクターと言えば、蓄音機と犬!!!)

W = Whiskey WISS KEY  (ウィスキーーーー)

X = X-ray ECKS RAY  (レントゲン、ですね、エックスレイ)

Y = Yankee YANG KEY (ニューヨークヤンキーズとかね)

Z = Zulu ZOO LOO  (ズールー/アフリカの民族?)

赤字は発音の方法、区切りをちょっと付けてもイイかも、です。

OKAN_20140812054153c59.jpg

例えば、電話口で「My Name Is OKAN」 って言って通じない場合は普通「オー、ケー、エー、エヌ」って綴りを言うと思うのですが、それでも通じない時もありますよね。

そんなときは、「O as Oscar, K as Kilo, A as alfa, N as November 」というと、たいていさらっと通じます。

できれば26文字ぜ〜んぶおぼえたほうがいいけど、まあ、最低でも自分の名前とか住所の言い方だけでも。

あ、この26文字のいい方でなくても、フォニックスを使ったものなら、自分の&相手の分かりやすい単語でなんでもイイんです。

ハワイに移住してきてハヤ9年、やっぱり電話はムヅカシイ、です。

相手が本土からのアメリカ人かもしれないし、日本やそれ以外からの移住組かも。

ハワイアンやサモアンのローカルの人達も、みーんなアクセントがあってあたりまえ、ですよね。

もう、ビジネス英会話とか習ってたとしても、いっぱいフレーズを知ってても、電話はやっぱり難しいはず。

これ実はスゴーイ昔に別のブログでもネタにしたのですが、本日久しぶりに使ったので改めて記事にしてみました。

ホンマにホンマに
役に立つので、使ったことないオカンのみなさん、ぜひぜひ。


スポンサーリンク