2014年版、ハワイ(アメリカ)の野菜&果物農薬残留リスト、発表されてます

↓ハワイの↓オカンオトン↓初心者の皆さんには↓こちらもクリックしてみてくださいね↓

ハワイの子連れ遊び場

ハワイのオカンを初めてご覧の皆さんへ、毎週毎月開催定期イベント、ローカル民の遊び場などなどまとめてみました!


IMG_6831_2014050111045867c.jpg

Produce and pesticides: Which fruits and veggies are the dirtiest?(リンク)

というわけで、今日のKHONのニュース。

野菜や果物に残る農薬の度合いが高いもの、低いもののリストが発表になっています。

非営利団体The Environmental Working Groupより

残留度の高い12(+2なので14ですね)ダーティダズン=Dirty Dozen Plus™(リンク)
ワーストリスト、なので、1位のリンゴに一番農薬が多く残ってた、ってことですね。

1位 りんご

2位 いちご

3位 ぶどう

4位 セロリ

5位 モモ

6位 ほうれんそう

7位 スウィートベルペッパー(赤とか黄色とかのピーマンですね)

8位 輸入品のネクタリン

9位 きゅうり

10位 チェリートマト

11位 ホットペッパー

12位 ケール、collard greens(分厚ーいほうれん草みたいな野菜です)

残留度の低い15品 クリーンフィフティーン=Clean Fifteen™(リンク)
こちらは、1位のアボカドに一番農薬が少なかったってことで。

1位 アボカド

2位 スウィートコーン

3位 パイナップル

4位 キャベツ

5位 スウィートピー(冷凍)

6位 タマネギ 

7位 アスパラガス

8位 マンゴー

9位 パパイヤ

10位 キウィ

11位 なす

12位 グレープフルーツ

13位 カンタロープ(メロン)

14位 カリフラワー

15位 スウィートポテト

検査の行われてた51品すべての食品リスト&ランキングはこちら、All 48 fruits and vegetables with pesticide residue data(リンク)

IMG_6929_20140501110500fac.jpg

The environmental workingは、ダーティーダズンになっている果物や野菜はオーガニックの物を買うのをおすすめしています。

まあ、リンゴやイチゴはオーガニックを買って、オーガニックのアボカドやキャベツはを買う必要はないってことですね。

我が家は、何となく気にはなってるものの、ダーティーダズンすべてをオーガニックにすると家計が厳しいので買うときはすご〜くよく洗ったり皮を厚めにむいたり。

ポテトやスピニッチなど安くオーガニックが買えるものだけ買ったり。

まあ、後はたまーにしか買わないとか、よそで出てくるものはなるべくいちいち気にしない、って感じです。

以前私もコミュニティーガーデンの野菜や果物をつくっていたのですが、やっぱり農薬なしではせっかくの収穫の時期にブリュッスプラウトが害虫にやられて全滅….とか、イッコしかならなかったブロッコリーが虫まみれとか、バジルの病気がはやってすべて撤去…とか、汗水たらして作った野菜がだめになると、農薬を使いたくなる方の気持ちも少しは分かるな〜とは思ったのですが。

こういうの、ご家庭によって方針が違うと思うので、まあ、井戸端会議の知識として最低知っとくだけでも〜とは思うのですが。

なのでなので、気になるオカンのかたはみっちりオーガニック。

気にならない&あんまり気にしたくないオカンの方はこの記事見なかったことにしても…..

まあまあ、参考になさってみてくださいね〜!!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク